ホーム / TIMAについて / 建築概要

建築概要

今治市伊東豊雄建築ミュージアム(TIMA)は、伊東の作品を展示するスティールハットと、旧自邸を再生したシルバーハットの2棟で構成されるミュージアムです。


Photo: Daici Ano


Photo: Daici Ano

スティールハットは、エントランスホール・3つの展示室・休憩をするサロン・テラスからなります。4種の多面体が、結晶のごとく連結した構成で、一辺3mの正三角形と正方形面からなります。構造は、鉄骨フレームによるブレース構造で、外装仕上げを兼ねる6mmの鋼板とフレーム材が、溶接で一体化されています。内部空間は、屋根・壁・床の区別が消え、求心性をもつと同時に、壁がパノラマ的に展開していきます。

»スティールハット建築概要


Photo: Daici Ano

シルバーハットは、3.6m間隔のコンクリート柱に架け渡された梁に、ひし形フレームからなるアーチ状の屋根が載っています。図面の閲覧ができるスペースや、屋外ワークショップスペースからなります。

»シルバーハット建築概要

配置図

敷地内には、瀬戸内海と島々を背景にして屋外展示物が点在し、散策することができます。