ホーム / ブログ / 今日のTIMA

ブログ

トークイベント「車座しまなみトーク!」が開催されました。

2017年07月02日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

7月1日(土)より展覧会「新しいライフスタイルを大三島から考える」の会期がスタートし、
会期開始に合わせて大三島ふるさと憩の家でトークイベント「車座しまなみトーク!」が開催されました。
今回も多くの島内外の方々にご参加いただき、誠にありがとうございました。

©青木勝洋

©青木勝洋

2015年より始めた「車座しまなみトーク!」は、会を重ねるごとに、対話が多くなり、交流を深める貴重な機会となりました。
島民の方からも積極的な意見交換がされ、少しづつ大三島でのプロジェクトが進行しています。
以前は提案が多かったプロジェクトは、今年度に入り、大きく動きだしたプロジェクトがいくつかあったので、
今回の「車座しまなみトーク!」では、現在、伊東建築塾が大三島で取組んでいる11のプロジェクトのうち、進行している7つのプロジェクトが発表されました。

CU1A0019

<発表内容>
①みんなの家を一日一度は寄ってみたい場所にします
②「物々交換」によって都会と島の記憶を交換します
③参道を花と光で夢の道に変えます
④「さざなみ園」を気軽に立ち寄れるやさしい場所にします
⑤2020年瀬戸内初のワインで乾杯します
⑥島の食材、島のワインで島の人の誕生日を祝う「オーベルジュ」をつくります
⑦海辺の小学校をロマンティックなホテルに変えます

©青木勝洋

©青木勝洋

©青木勝洋

後半は建築家の伊東豊雄さんをはじめ、建築家の曽我部昌史さん、柳沢潤さん、家具デザイナーの藤江和子さん、藤森泰司さん、そして構造エンジニアの金田充弘さんと豪華な方々にご参加いただきました。

藤森泰司さんは「みんなの家の家具を分校生と作るワークショップから関わることになった。高校生は自分たちでつくったものが身近な場所で使われ、残っていくことがデザインをつくるということを知ってもらえたら嬉しいです。今、もう一度自分の居場所を考えることが伊東塾の試みなのではないだろうかと思っています。」
金田充弘さんは「活動をしていると「こういう風になっていたら成功だ」と考えがちだが、プロセス自体が成功なのではないかと思います。」
曽我部昌史さんは「続けてきたプロジェクトが進んで行く中で、いくつかのプロジェクトがシンクロや関わり合うことで、より強度のある次のプロジェクトに発展していくのではないかと思った。」などプロジェクトに対するコメントをいただきました。

「車座しまなみトーク!」で発表された内容は、幣館の展覧会「新しいライフスタイルを大三島から考える」でも展示しております。
多くの方々にご覧いただけますと幸いです!

映画上映会「水と風と生きものと」を開催しました。

2017年06月01日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

生命誌を解説するパネルを展示。

生命誌を解説するパネルを展示。

2017年5月27日(土)、28日(日)に伊東豊雄建築ミュージアムにおいて初となる映画上映会が開催されました。
2日間に渡り、科学者であり、哲学者の中村桂子さんの活動を追ったドキュメンタリー映画「水と風と生きものと」をシルバーハットのワークショップスペースで上映しました。
この映画には建築家の伊東豊雄さんも出演しています。
上映会はちょうど瀬戸内海に夕日が落ちる時間帯に始まったので、シルバーハットから夕景を堪能することのできるイベントとなりました。

IMG_2686

シルバーハットからの夕景

27日には中村さんが館長を務める生命誌研究館のスタッフである川名様がトークイベントをしてくださいました。
生命誌研究館は「生命誌」というテーマで活動しており、中村さんは科学者と生活者としての視点を合わせて、生命が紡いできた生きものの歴史を辿り、「生きもの」としての現代の人間の在り方を映画を通して説いています。
川名さんからは上映に先立って「生命誌」について、お話をしていただきました。

IMG_2663

生命誌研究館の川名さんによるトークイベント

映画の中では、中村さんと伊東豊雄さんの対談の様子も収録されていて、ぎふメディアコスモスや台中歌劇院を事例に、自然と共存するための建築についてお話をされています。
他にも末盛千枝子さん、新宮晋さん、赤坂憲雄さん、関野吉晴さんと対談し、これからの人間の生き方について対談していて、様々な分野で活躍されている方々の貴重な意見を知ることができます。ぜひご興味のある方は映画をご覧いただきたいと思います!
IMG_2720

刻々と夕日が沈み夜になっていく様子を感じながら「水と風と生きものと」を鑑賞できたことは私にとっても貴重な経験でした。シルバーハットで過ごしていると、自然や時間の移ろいを強く感じます。こうした環境で、「水と風と生きものと」を上映でき大変嬉しかったです。また川名さんのトークイベントでは、生命誌のお話を聞くことができ、来場者の皆さんも「自然の中での人間が生きて行く」という根源的な意味を見つめなおす大変素 晴らしいきっかけになったのだと思います。

ぜひ生命誌研究館に訪れて「生命誌」に触れてみるのもいいかもしれません。

 

「サンデー・ミュージアム・コンサート」が開催されました。

2017年05月29日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

2017年5月21日(土)ヴァイオリニストの小林恵美さんとギタリストの尾尻雅弘さんをお迎えし、伊東豊雄建築ミュージアムにおいて、初となるクラシックコンサートを開催しました。
「多くの方にクラシックに親しんでいただきたい」という小林さんの思いから、聴きやすく親しみやすい曲を中心に演奏をしていただきました。

コンサート当日は晴天に恵まれ、会場であるシルバーハットのワークショップスペースには心地のいい風が抜け、絶好のコンサート日和となりました。
また来年から大三島でパン屋さん「まるまど」をオープンする小松洋一さんがドリンクや軽食を出店してくださり、香り豊かなみかん酵母のパンや大三島産のみかんジュースに舌鼓を打ちながら、開演前から来場者の皆さんはミュージアムでのゆったりとしたひと時を楽しまれているご様子でした。

定刻より早くコンサートをスタートしました。
小林さんと尾尻さんが司会者より紹介され、お二人が登場すると来場者から盛大な拍手が沸き起こります。
瀬戸内海を思わせる小林さんの青いドレス姿に会場はさらに華やぎ、一層の拍手で迎えられました。
尾尻さんから「クラシックコンサートは遅れてスタートすることが多いので、早く演奏できるのは素晴らしいです。」といったユーモア溢れるご挨拶をいただき、来場者から笑みがこぼれる中、和やかな雰囲気で演奏がスタートしました。

©青木勝洋

©青木勝洋

1曲目はエルガー「愛の挨拶」です。
ヴァイオリンの主旋律と柔らかなクラシカルギターの音色に会場が包まれると、会場が一気にクラシックの世界観に引き込まれました。
小林さんと尾尻さんが奏でる演奏は表情や体全体で音を表現するかのようで、聴き手がぐっと引き込まれていきます。
ファリャ「スペイン舞曲」では躍動感のある音色に来場者は音色に合わせて自然と体が動き出していきました。
誰もが一度は耳にしたことのある楽曲を中心に演奏していただきましたが、1曲だけ日本の曲の「砂山」が演奏されました。
クラシック調にアレンジされ、新たな魅力を知ることができました。

©青木勝洋

©青木勝洋

このコンサートでは曲の合間には、小林さんと尾尻さんから解りやすく曲の解説していただいたのも見どころの一つです。
「クラッシックは格式のある音楽だと思っていましたが、お二人がお話してくださるので、より楽しめました。」といってくださる来場者の方もいらっしゃいました。

コンサートの終盤ではお二人のソロ曲も演奏され、ヴァイオリンとクラシカルギターの異なる音色を堪能できる素晴らしい機会でした。
ヴァイオリンは情緒豊かな音色でとても美しく、クラシカルギターは繊細な指さばきから奏でる音色は柔らかく、ノスタルジックで優しい音色です。

コンサート終了後、伊東豊雄さんも含めたトークイベントが開催されました。
伊東さんはコンサートホールについて「僕は音楽を屋外で聴くことが贅沢だと感じる。ヨーロッパはよく広場で音楽を奏でて周囲に聴いている観客がいるのをよく見かけるが、すごく気持ちよさそうだ。自然に近い環境で音楽を聴くことは素晴らしいですね。」とお話をされていました。
小林さんと尾尻さんからも「シルバーハットでのコンサートは、眺めも素晴らしいし、演奏していてとても気持ちがよかったです。」と仰ってくださいました。
最後に小林さんからは「シルバーハットでコンサートすると決まって、どこで演奏するかヴァイオリンを弾きながら、会場を歩き回り、一番音響がよかった海側で演奏することを決めたのですが、よかったでしょうか?」と問いかけられると伊東さんからは「ばっちりです!」との返答。

シルバーハットのワークショップスペースはコンサート会場とは全く違う環境ではあるものの、音が館内全体に巡り、周辺の自然環境をも取り込むような素敵なコンサート会場となりました。

©青木勝洋

©青木勝洋

 

【曲目】
1.エルガー 愛の挨拶
2.ファリャ スペイン舞曲
3.サラサーテ 祈りop.23-1
4.タレガ アルハンブラ宮殿の想い出(ギターソロ)
5.J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番よりプレリュード/ガヴォット(ヴァイオリンソロ)
6.イベール 間奏曲
7.佐々木忠 砂山
8.モンティ チャールダーシュ
9.ピアソラ リベルタンゴ

謹賀新年

2017年01月01日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

img_6735

 

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

本年も大三島は快晴に恵まれ、清々しい1年の幕開けとなりました。

皆様は2017年のスタートをいかがお過ごしでしょうか。

ご家族と過ごされる方、お友達と過ごされる方、お仕事の方、皆様思い思いに過ごされていることと存じます。

ミュージアムは毎年元旦から仕事始めとなっていますが、ミュージアムからの瀬戸内海の圧倒的な眺望を前に、気持ちも一新。

2017年がどのような年になるか、思いをはせております。

 

伊東豊雄建築ミュージアムは1月1日(日)~1月3日(火)も開館しております。

開館時間:通常通り9:00~17:00

※1月4日(水)は休館致しますので、ご了承ください。

現在、ミュージアムでは「日本一美しい島・大三島をつくろうプロジェクト2016」を開催中です。

施設を通じて、大三島を体感しにいらしてください!!

皆様のご来館をお待ちしております。

 

今日のTIMA

2016年12月08日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

161203_%e5%a4%95%e6%97%a5

朝晩の冷え込みが厳しくなり、12月に入り一段と冬らしくなった大三島。

お天気がとてもよかったこの日は、いつにも増してミュージアムから眺める夕日が鮮やかでした。

16時ごろから徐々に日が落ちだし、17時にはご覧のとおり瀬戸内海が夕日に染まります。

オレンジとも赤とも言えない夕日の色が、島々を照らしながら水平に広がっている様子は圧巻です。

空気が澄み切った冬だからこそ、こんなに深い色になるのでしょうね。

夏や秋の夕日とはまた違った美しさです。

来館されたお客様と思わず、感嘆の声が出るほどの光景でした。

思わずうっとり…です。

 

 

 

 

岩田健母と子のミュージアム コンサート「雅楽空間」が開催されました。

2016年10月16日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

2016年10月15日(土)に伊東豊雄建築ミュージアム主催で岩田健母と子のミュージアム コンサート「雅楽空間」が開催されました。

「雅楽空間」は昨年も開催され、今回で2回目となります。

「雅楽空間」では演奏体験ワークショップも開催され、出演者の中村仁美さん(篳篥)、日比和子さん(笙奏)、伊崎義之さん(竜笛)が指導してくださいました。

参加者は「音はかろうじて出るものの、なかなか音色にならない…」と苦戦されている様子。

しかし、貴重な体験に感動したという感想もいただけました。

img_7507

写真1:演奏体験ワークショップで中村さんより篳篥を教わる様子

 

日も暮れ始め、少し肌寒い気候でしたが、コンサート会場の岩田健母と子のミュージアムには多くの方々に来場していただきました。

定刻になり、コンサートはスタートしました。

はじめに司会者の伊東建築塾 古川さんより9月28日に他界された岩田健先生について、

ご冥福をお祈りするとともに、岩田先生の紹介をしました。

img_7610

写真2:コンサート冒頭、挨拶をする作曲家の石田多朗さん

 

1曲目は追悼の意をこめて、岩田先生の温かなお人柄とご自分のお母様、お兄様が創作の原点だったことから、童謡の「故郷(ふるさと)」。

誰もが触れたことのある楽曲と雅楽特有ののびやかな音色にすっと心に染み入るようでした。

多くの方がふと脳裏にご自分のご家族の絵が浮かんだのではないでしょうか。

img_7618

写真3:会場の様子

コンサートでは会場全体を利用して、出演者がフォーメーションを変えながら演奏し、会場の音の響きに変化を与えていました。

天と地の間を行き交う「竜が空へ立ち上る鳴き声」とも例えられる龍笛。

「天から差し込む光」と称される笙。

主旋律を奏でる楽器で「地上の音」と称される篳篥。

今回のコンサートではソロ曲も演奏され、龍笛の伊崎氏による「蘇合香序一帖」、日比氏による笙の即興演奏、中村氏による篳篥の「舞える笛吹き娘」が演奏されました。

img_7648

写真4:篳篥は小さな楽器だが、奏でる音は想像をはるかに上回る壮大さ

img_7662

写真5:複数の音域が奏でられる笙は、一音でゆっくりと心地のよい音色が響きわたる

 

3名によるアンサンブルでの「永遠の風景」を演奏。

この曲は石田氏が今回のコンサートのために作曲した新曲で、去年で披露した「死者の書」と兄妹のような曲です。

死後の世界の永遠の平穏と現世には戻れない寂しさをコンセプトにつくられたそうです。しっとりとやさしさに溢れる一方で、はかなさが漂う楽曲でした。

img_7653

写真6:3名が揃うと、会場は荘厳な雰囲気に包まれます

 

1時間のコンサートの中で、古典雅楽の楽曲からソロ、新曲雅楽も演奏され、盛りだくさんの内容でした。

 

第2回目の開催となる「雅楽空間」は日々の喧騒から一時離れることのできる場所になったのではないでしょうか。

笙、篳篥、龍笛がそれぞれ「天」「地」「空」を意味するように、音楽表現がそのまま宇宙を創ることと考えられてきた雅楽は、自然の中での演奏に一番適した音楽ともいえます。

雅楽器の音に加え、鳥の声、風の音、海の音など大三島の環境の条件全てを包括した中に人がいれることは、とても貴重なコンサートなのかもしれません。

建築、彫刻、集う人々が「雅楽」によって、さらなる一体感を感じさせるコンサートでした。

コンサート中、不思議と「母と子」を主題とした岩田先生の作品たちが、いつにも増して表情豊かに見えました。

 

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

そして、コンサートを企画してくださった石田さん、出演者の中村さん、日比さん、伊崎さん、協力者の皆様ありがとうございました。

 

 

【曲目】

1.ふるさと

2.盤渉調音取

3.盤渉調超殿楽

4.蘇合香序一帖 (龍笛ソロ)

5.即興(笙ソロ)

6.舞える笛吹き娘(篳篥ソロ)

7.永遠の風景

8.壺越調調子

9.胡飲酒序

10.胡飲酒破

音と映像のコンサート「世界」を開催しました

2015年05月30日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

作曲家・石田多朗氏、映像作家・勅使河原一雅氏、映像エンジニア・岸本智也氏の3名をお迎えし、音と映像による幻想的なコンサートを開催しました。

会場は伊東豊雄建築ミュージアムのシルバーハットを予定していましたが、当日は今にも雨が降り出しそうな曇り空。

残念ではありますが、大三島公民館の大ホールでの開催となりました。

 

定刻となり石田氏が奏でる銅鑼の音とともにコンサートが開演。

銅鑼の反響音がじわりじわりと会場を包みこむと、銅鑼の緊張感のある音色とスクリーンから滲み出てくるような映像により、一瞬にして会場の世界を一変させました。

©Manami Takahashi

©Manami Takahashi

石田氏が即興で奏でる音楽と連動しながら、鮮やかな色彩やモノクロの緻密な幾何学模様など、刻々と様相を変えながら映像が暗闇の中で浮かび上がります。

その空間に身を置くと、ざわざわと気持ちがざわめく感情が湧いてきました。

幻想的な反面、人の潜在的な部分にも触れるような不思議な存在感が音と映像にありました。

©Manami Takahashi

©Manami Takahashi

©Manami Takahashi

©Manami Takahashi

コンサート終了後、出演者によるトークイベントが行われました。

演奏時とは打って変わって出演者の皆さんの親しみやすい一面も垣間見ることができ、和やかな雰囲気でお話が進んでいきました。

お話の中で石田氏は「風や木々のざわめく音、鳥たちのさえずりを壊さずに音楽を演奏することを考え、演奏は最小限でも構わないと思っていました。雨になり会場が変更になってしまいましたが、少しでも大三島特有の環境を会場の中に繋げたいと思い、ホールの窓は開けたままにしました。」と答えていらっしゃいました。

©Manami Takahashi

©Manami Takahashi

ぜひ次回はシルバーハットの半屋外のワークショップスペースで公演を拝見したいものです。

今まで見たことのない公演を創って下さった出演者の皆さまに感謝いたします。

また来場してくださった多くのお客様、天候の悪い中、会場まで足を運んでいただき、誠にありがとうございました。

 

 

☆最後に

会場のスクリーン製作にご協力してくださった奥野家の皆さま、本当にありがとうございました。

本庁、支所の皆さん、大三島町地域おこし協力隊の小幡さん、吉井さんもご協力ありがとうございました。

 

【参加者募集!】信濃毎日新聞新松本本社「まちなかプロジェクト」シンポジウム&ワークショップのお知らせ

2015年05月26日 / 今日のTIMA

古川きくみ(伊東建築塾)

信濃毎日新聞新松本本社「まちなかプロジェクト」とは、伊東豊雄建築設計事務事務所が設計を担当する「信濃毎日新聞社」 (長野県)の松本本社移転計画にあたり、街なかにおける新しい新聞社のあり方について、ワークショップを通して地域住民のみなさんと一緒に考えていくプロジェクトです。
コミュニティデザイナーとして山崎亮さん(Studio-L)の協力も得ながら、6月からいよいよプロジェクトが本格的にスタートします。
6月6日(土)には、キックオフとなる公開シンポジウム、翌7日(日)には第1回ワークショップが開催されます。
ご興味のある方はぜひご参加下さい!
※両方とも要申込、締切5/31(今週末です!)

公開シンポジウム(要申込)

まつもと市民芸術館芸術監督・串田和美氏、コミュニティデザイナー・山崎亮氏、松本本社の設計者である建築家・伊東豊雄の3名による鼎談

◇日時 6月6日(土)午後3時〜5時(開場午後2時半)
◇会場 信大全学教育機構第1講義棟・20番講義室
◇住所 松本市旭3―1―1(公共交通機関やお近くの駐車場をご利用ください。)

ワークショップ(要申込)

◇日時
第1回 6月7日(日)
第2回 6月21日(日)
第3回 7月20日(月)
いずれも午後1時~午後4時。

◇会場 本町ホール
◇住所 松本市時計博物館4階、同市中央1の21の15

※シンポジウム・WSの詳細や申し込みは以下のURLよ りお願いいたします。https://nano.shinmai.co.jp/shinmai/soumu_detail/?id=750

※信濃毎日新聞の関連記事です。ご興味のある方はぜひご覧ください。(PDF)matusmoto_machinaka_project

サイクリング

2015年04月15日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

4月に入り大三島ではサイクリストを見かけることが増えました。
颯爽と島内を駆け巡るサイクリストに触発され、自転車で伊東豊雄建築ミュージアムまで出勤することにしました。

序盤は風を感じながら軽快にペダルをこいでいましたが、第一の難関・台(うてな)の上り坂ですでに足がパンパンに。。(まだ開始5分ほどです。)
普段の運動不足を痛感しました。
苦しい上り坂と爽快な下り坂を繰り返し、島の起伏を体感。
時折、桜吹雪を浴びるなど豊かな自然を体感。
これがサイクリングの醍醐味ですね。
後半は意地になりながら、シルバーハットでの一服を目標にこぎ続け、どうにかミュージアムに到着。
念願の一服は海を眺めながらのお茶。
ささやかな達成感を味わえました。

後日、知人からの必死の形相でサイクリングに励む姿の目撃談もいただき、少々恥ずかしい気もしましたが、車では味わえない思い出ができました。
体力に自信のある方は自転車での島内めぐりもいいかもしれません。
その際は車などにお気をつけください。また水分補給もお忘れなく。
サイクリストのご来館もお待ちしています。
シルバーハットのワークショップのスペースで瀬戸内海を眺めれば、疲れた体も癒されますよ。
ぜひ建築とロケーションを堪能しにいらしてください。

伯方児童館ワークショップ「小さなハットをつくろう!」

2015年03月07日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

伯方児童館「アートのまち」にてワークショップ「小さなハット(小屋)をつくろう!」を地域おこし協力隊の鍋島さんとともに行ってきました。
竹と布を利用して、子どもたちに簡単な小屋を作成してもらいました。

まずは竹のフレームの組み立て。
みんなきれいな三角形がつくれるかな?という心配は無用だったようで、順調に組み立て作業を終えました。

竹の組み立てが終わったら、布に絵を描いたり、りぼんをつけて自由に彩ってもらいました。

こちらのグループは海をイメージして布に絵を描いていました。


こちらのグループはお花畑の小屋をイメージして製作中。


お母さんと一緒にハートのハットを製作中。


色んな布を組み合わせてかわいらしいハットが完成しました。


完成したハットの中はどうでしょうか。


布に穴をあけて窓をつくったり、扉を開閉できるようにアレンジしたり、力作ができました。


いろんな素材を使ったり、旗を先端につけたりとこだわりの小屋を製作中。
おやつの時間も忘れて没頭していました。


思い思いのオリジナルハットが完成!
最後はみんなお家へ持って帰るほど、気に入ってくれたそうです。

◆お礼◆
○ボランティアスタッフの学生さん、小さな子どもたちのフォローをしてくださってありがとうございました!

○伯方児童館の大田さん、松本さん
ワークショップに声をかけていただき、ありがとうございました。
先生方にもご協力いただき、和やかに楽しくワークショップを行うことができました。

○國貞館長と大三島支所の小池さんにも準備の竹の切り出しを手伝っていただきました。
地道な作業にお付き合いいただき、ありがとうございました。

○地域おこし協力隊の鍋島さんには事前のモックアップ作業や当日の進行など協力いただき、ありがとうございました!