ホーム / ブログ / 今日のTIMA / 篠笛と大三島を巡る2Daysコンサート「島風」、1日目のご報告。

篠笛と大三島を巡る2Daysコンサート「島風」、1日目のご報告。

2019年05月29日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

2019年5月25日(土)、26 (日)と2日間にわたり、篠笛のコンサートを開催しました。
NHKの朝ドラ「ごちそうさん」で、主題歌の「雨のち晴レルヤ(ゆず)」を作曲された篠笛奏者の佐藤和哉さんをお迎えし、「二十一世紀ノスタルジア」と評される佐藤さんの演奏を堪能できる素晴らしいコンサートとなりました!

©吉野歩

©吉野歩

25日の会場は伊東豊雄建築ミュージアム シルバーハットの夕景が美しく映えるワークショップスペースで行いました。
今回は大三島のお店の方々に協力していただき、大三島の食材を使った飲食を販売していただきました!
来場者に皆さんには食を通じても楽しんでいただように思います。

公演は夕日が落ちる頃に演奏が始まり、オレンジ色の夕景を背に佐藤和哉さんの優しく、時に力強い音色が会場に響きわたりました。演奏では「我は海の子」など誰もが耳にしたことのある懐かしい楽曲から、佐藤さんが作曲された「舞姫」など様々な楽曲を演奏してくださいました。
佐藤さんが「鳥たちが共演者として参加してくれていますね。」と仰るように、鳥たちが篠笛に反応するようにきれいな歌声で参加してくるなど、思いがけずサプライズ。

©吉野歩

©吉野歩

公演の後半では、出店してくださった大三島みんなの家の新近唯さん、大三島みんなのワイナリーの川田佑輔さんと芥川はるかさん、DAISHINの渡邉秀典さんを交えて、アフタートークを行い、
お一人づつ大三島での活動について、お話いただいたり、佐藤さんが各店舗で味わったメニューのお話など、様々なお話で盛り上がりました。
DAISHINの渡邉さんは佐藤さんの出身の唐津で同じイベントに参加されていたりと、不思議なご縁で繋がったお二人でした。

©吉野歩

©吉野歩

日がかなり落ち始めたところで、最後に「日の入り時」を演奏してくださり、この日の公演は終了となりました。

©吉野歩

©吉野歩

篠笛の音色に鳥の歌声、大三島の美味しいご飯、さらに美しい夕景の瀬戸内海と夢心地な公演となりました!

【出店にご協力いただいた島の皆さま】
大三島みんなの家 島のお野菜をたっぷり使った軽食を販売してくださいました。
大三島みんなのワイナリー 大三島で育てたぶどうから醸造したワインを販売してくださいました。
DAISHIN しなまみイノシシ活用隊としても活動する渡邉さん。大三島の猪肉を使った軽食を販売してくださいました。
パン屋 まるまど みかんを使った自家栽培酵母をつかったパンを販売してくださいました。

©吉野歩

©吉野歩

佐藤さんにスタッフの皆さん、出店者の皆さん、ご来場いただいた皆さん、どうもありがとうございました。
  2日目のレポートもお楽しみに!