Home / Blog

ブログ

トークイベント
新しいライフスタイルを大三島から考える 車座しまなみトーク!

2017年06月01日 / News

ジョイス ラム(伊東建築塾)

2017年7月1日(土)14:00〜16:30(13:30開場)

しまなみトーク_チラシ

建築家・伊東豊雄が塾長が務める伊東建築塾では、今治市伊東豊雄建築ミュージアムの開館をきっかけに、建築家やさまざまな職種の塾生たちを中心とした大三島でのプロジェクトが始まりました。以来、地道な活動を積み重ね、2016年には「大三島みんなの家」がオープンするなど、島民の方々との交流を徐々に深めてまいりました。

この夏、伊東豊雄建築ミュージアムの展覧会リニューアルにあわせて開催する「車座しまなみトーク!」では、今年度に伊東建築塾が中心となって実践する11のプロジェクトを発表いたします。発表後は、話す人も聞く人もみな車座になり、大三島のこれからの暮らしやまちづくりについて語り合います。

ゲスト:


伊東豊雄(いとう・とよお)
建築家
1941年生まれ。1965年東京大学工学部建築学科卒業。主な作品に「せんだいメディアテーク」「みんなの森 ぎふメディアコスモス」「台中国立歌劇院」など。ヴェネツィア・ビエンナーレ「金獅子賞」、プリツカー建築賞など受賞。


柳澤 潤(やなぎさわ・じゅん)
建築家
1964年東京生まれ。1992年東京工業大学大学院修士課程修了、伊東豊雄建築設計事務所入所。2000年コンテンポラリーズを設立。日本建築学会作品選奨、日本建築士会連合会優秀賞など受賞。東京工業大学人間環境システム専攻連携准教授。関東学院大学建築・環境学部准教授。


金田充弘(かなだ・みつひろ)
構造エンジニア
1970年東京生まれ。カリフォルニア大学バークレー校で建築デザインと構造エンジニアリングを学ぶ。大学院修了後、エンジニアリング・コンサルティング事務所Arupに所属し、ロンドンと東京で設計活動を開始。第12回松井源吾賞など受賞。東京藝術大学准教授。

 ©Nacasa&Partners
藤江和子(ふじえ・かずこ)
家具デザイナー
藤江和子アトリエ代表。建築家とのコラボレーションを通して建築と人と家具の新しいあり様を提案している。近年は伊東豊雄建築設計事務所との協働プロジェクト多数。主な作品に「多摩美術大学図書館(八王子キャンパス)」、「台中国立歌劇院」。多摩美術大学客員教授。


藤森泰司(ふじもり・たいじ)
家具デザイナー
1967年生まれ。1999年藤森泰司アトリエ設立。家具デザインを中心に、建築家とのコラボレーションや空間デザインも多数。ハイブランドの製品から、オフィス家具や小中学校の学童家具まで幅広く手がけ、スケールや領域を超えた家具デザインの新しい在り方を目指して活動している。

sogabe_kome2 ©Toru Kometani
曽我部昌史(そがべ・まさし)
建築家(みかんぐみ共同主宰/神奈川大学工学部建築学科教授)
1962年生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了後、伊東豊雄建築設計事務所を経て1995年NHK長野放送会館の設計を機にみかんぐみ共同設立。主な作品に愛・地球博トヨタグループ館、伊那東小学校、横浜開港博Y150はじまりの森、BankART NYK、あかね台中学校 他。

日時:2017年7月1日(日)14:00〜16:30(13:30開場)

会場:大三島ふるさと憩の家(〒794-1309 愛媛県今治市大三島町宗方5208-1)

定員:60名 
入場無料 事前申込不要

※詳細は、下記PDFデータをご覧ください。
新しいライフスタイルを大三島から考える
車座しまなみトーク!

展示替えに伴う臨時休館のお知らせ

2017年05月27日 / News

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

2017年6月15日(木)をもちまして、展覧会「日本一美しい島・大三島をつくろうプロジェクト2016」が終了します。

展示替えのため下記の日程で臨時休館致しますので、ご了承くださいませ。

展示替え期間:2017年6月16日(金)~6月30日(金)

新展覧会「新しいライフスタイルを大三島から考える」は2017年7月1日(土)から開催致します。
みなさまのご来館をお待ちしています。

「国際博物館の日」記念事業『いまばりミュージアムDAY 』のお知らせ

2017年04月30日 / News

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

国際博物館の日 ポスター 2017
「国際博物館の日」はご存じですか?
ICOM(国際博物館会議)では、5月18日を「国際博物館の日」とし、博物館が社会に果たす役割について広く市民にアピールしています。
今治では5月14日(日)「いまばりミュージアムDAY」と題し、多くの方に博物館・美術館に親しんでいただきたく市内13の文化施設の観覧料が無料となります!
「いまばりミュージアムDAY」を機にそれぞれの館が異なる魅力を持った13の博物館・美術館を巡ってみてはいかがでしょうか?

伊東豊雄建築ミュージアムでは、専門員によるミュージアムツアーを開催します。
展覧会や屋外展示の解説を聞きながら、園内の散策を一緒に楽しみましょう。

日時:5月14日(日)10:00~11:00、13:00~14:00
申込不要 要展覧会チケット
上記の参加希望時間にスティールハットの受付前にお集まりください。

ゴールデンウィーク開館日のお知らせ

2017年04月29日 / News

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

今年もゴールデンウィークが始まりました!
園内やミュージアムから望む瀬戸内海の島々は緑がきれいに色づき、春真っ盛りといった様子です。
伊東豊雄建築ミュージアムはゴールデンウィーク期間中、下記の通り開館しております。

4月29日(土)○
4月30日(日)○
5月1日(月)×
5月2日(火)○
5月3日(水)○
5月4日(木)○
5月5日(金)○
5月6日(土)○
5月7日(日)○
5月8日(月)×

5月3日は大三島内で「藤まつり」、「参道マーケット」といったイベントも開催しており、島内の様々なお店が出店し、とても賑やかになります。
展覧会「日本一美しい島・大三島をつくろうプロジェクト2016」とともに、見て、食べて、体験して大三島を存分に堪能してください!

 

 

 

「Premium Japan」後編記事公開のお知らせ

2017年01月13日 / News

ジョイス ラム(伊東建築塾)

150927_大三島_井口_MG_6060©Yusuke Nishibe

日本のプレミアムを世界へ発信するウェブサイト「Premium Japan」にて、大三島の魅力を紹介した記事の前編に引き続き、後編が公開されました。

後編は日本総鎮守・大山祇神社をはじめ、大三島の歴史とお祭りをテーマに、写真家の西部裕介さんが撮影した写真とともにご紹介いただきました。どうぞ読んでみてください。

http://www.premium-j.jp/travel/53792/

謹賀新年

2017年01月01日 / Today's TIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

img_6735

 

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

本年も大三島は快晴に恵まれ、清々しい1年の幕開けとなりました。

皆様は2017年のスタートをいかがお過ごしでしょうか。

ご家族と過ごされる方、お友達と過ごされる方、お仕事の方、皆様思い思いに過ごされていることと存じます。

ミュージアムは毎年元旦から仕事始めとなっていますが、ミュージアムからの瀬戸内海の圧倒的な眺望を前に、気持ちも一新。

2017年がどのような年になるか、思いをはせております。

 

伊東豊雄建築ミュージアムは1月1日(日)~1月3日(火)も開館しております。

開館時間:通常通り9:00~17:00

※1月4日(水)は休館致しますので、ご了承ください。

現在、ミュージアムでは「日本一美しい島・大三島をつくろうプロジェクト2016」を開催中です。

施設を通じて、大三島を体感しにいらしてください!!

皆様のご来館をお待ちしております。

 

「Premium Japan」前編記事公開のお知らせ

2016年12月23日 / News

古川きくみ(伊東建築塾)

150424_%e5%a4%a7%e4%b8%89%e5%b3%b6_%e4%bb%96_mg_4019©Yusuke Nishibe

メイドインジャパンのプレミアムな情報を発信するウェブサイト「Premium Japan」にて、大三島の魅力をご紹介いただきました。

前後編のうち、前編は大三島の風景や自然、農業などを中心としたテーマとなっております。写真家の西部裕介さんが撮影した美しい写真とともに、どうぞご覧ください。

http://www.premium-j.jp/travel/51962/

年末年始の開館日のお知らせ

2016年12月22日 / News

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

年末年始の開館日について、下記にお知らせ致します。

年末は12月26日~12月31日まで休館となり、

年始の1月1日~1月3日(9:00~17:00)は開館致します。

1月4日は休館日となりますのでご了承くださいませ。

1月5日からは通常通り開館致します。

 

12月26日(月):×

12月27日(火):×

12月28日(水):×

12月29日(木):×

12月30日(金):×

12月31日(土):×

1月1日(日):○

1月2日(月):○

1月3日(火):○

1月4日(水):×

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

今日のTIMA

2016年12月08日 / Today's TIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

161203_%e5%a4%95%e6%97%a5

朝晩の冷え込みが厳しくなり、12月に入り一段と冬らしくなった大三島。

お天気がとてもよかったこの日は、いつにも増してミュージアムから眺める夕日が鮮やかでした。

16時ごろから徐々に日が落ちだし、17時にはご覧のとおり瀬戸内海が夕日に染まります。

オレンジとも赤とも言えない夕日の色が、島々を照らしながら水平に広がっている様子は圧巻です。

空気が澄み切った冬だからこそ、こんなに深い色になるのでしょうね。

夏や秋の夕日とはまた違った美しさです。

来館されたお客様と思わず、感嘆の声が出るほどの光景でした。

思わずうっとり…です。

 

 

 

 

岩田健母と子のミュージアム コンサート「雅楽空間」が開催されました。

2016年10月16日 / Today's TIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

2016年10月15日(土)に伊東豊雄建築ミュージアム主催で岩田健母と子のミュージアム コンサート「雅楽空間」が開催されました。

「雅楽空間」は昨年も開催され、今回で2回目となります。

「雅楽空間」では演奏体験ワークショップも開催され、出演者の中村仁美さん(篳篥)、日比和子さん(笙奏)、伊崎義之さん(竜笛)が指導してくださいました。

参加者は「音はかろうじて出るものの、なかなか音色にならない…」と苦戦されている様子。

しかし、貴重な体験に感動したという感想もいただけました。

img_7507

写真1:演奏体験ワークショップで中村さんより篳篥を教わる様子

 

日も暮れ始め、少し肌寒い気候でしたが、コンサート会場の岩田健母と子のミュージアムには多くの方々に来場していただきました。

定刻になり、コンサートはスタートしました。

はじめに司会者の伊東建築塾 古川さんより9月28日に他界された岩田健先生について、

ご冥福をお祈りするとともに、岩田先生の紹介をしました。

img_7610

写真2:コンサート冒頭、挨拶をする作曲家の石田多朗さん

 

1曲目は追悼の意をこめて、岩田先生の温かなお人柄とご自分のお母様、お兄様が創作の原点だったことから、童謡の「故郷(ふるさと)」。

誰もが触れたことのある楽曲と雅楽特有ののびやかな音色にすっと心に染み入るようでした。

多くの方がふと脳裏にご自分のご家族の絵が浮かんだのではないでしょうか。

img_7618

写真3:会場の様子

コンサートでは会場全体を利用して、出演者がフォーメーションを変えながら演奏し、会場の音の響きに変化を与えていました。

天と地の間を行き交う「竜が空へ立ち上る鳴き声」とも例えられる龍笛。

「天から差し込む光」と称される笙。

主旋律を奏でる楽器で「地上の音」と称される篳篥。

今回のコンサートではソロ曲も演奏され、龍笛の伊崎氏による「蘇合香序一帖」、日比氏による笙の即興演奏、中村氏による篳篥の「舞える笛吹き娘」が演奏されました。

img_7648

写真4:篳篥は小さな楽器だが、奏でる音は想像をはるかに上回る壮大さ

img_7662

写真5:複数の音域が奏でられる笙は、一音でゆっくりと心地のよい音色が響きわたる

 

3名によるアンサンブルでの「永遠の風景」を演奏。

この曲は石田氏が今回のコンサートのために作曲した新曲で、去年で披露した「死者の書」と兄妹のような曲です。

死後の世界の永遠の平穏と現世には戻れない寂しさをコンセプトにつくられたそうです。しっとりとやさしさに溢れる一方で、はかなさが漂う楽曲でした。

img_7653

写真6:3名が揃うと、会場は荘厳な雰囲気に包まれます

 

1時間のコンサートの中で、古典雅楽の楽曲からソロ、新曲雅楽も演奏され、盛りだくさんの内容でした。

 

第2回目の開催となる「雅楽空間」は日々の喧騒から一時離れることのできる場所になったのではないでしょうか。

笙、篳篥、龍笛がそれぞれ「天」「地」「空」を意味するように、音楽表現がそのまま宇宙を創ることと考えられてきた雅楽は、自然の中での演奏に一番適した音楽ともいえます。

雅楽器の音に加え、鳥の声、風の音、海の音など大三島の環境の条件全てを包括した中に人がいれることは、とても貴重なコンサートなのかもしれません。

建築、彫刻、集う人々が「雅楽」によって、さらなる一体感を感じさせるコンサートでした。

コンサート中、不思議と「母と子」を主題とした岩田先生の作品たちが、いつにも増して表情豊かに見えました。

 

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

そして、コンサートを企画してくださった石田さん、出演者の中村さん、日比さん、伊崎さん、協力者の皆様ありがとうございました。

 

 

【曲目】

1.ふるさと

2.盤渉調音取

3.盤渉調超殿楽

4.蘇合香序一帖 (龍笛ソロ)

5.即興(笙ソロ)

6.舞える笛吹き娘(篳篥ソロ)

7.永遠の風景

8.壺越調調子

9.胡飲酒序

10.胡飲酒破