ホーム / イベント / 過去のイベント / 車座しまなみトーク!冬の会

車座しまなみトーク!冬の会

しまトーク冬_チラシ_01

昨年、7月に夏の会、9月に秋の会と開催し、島に住む人、訪れた人が大三島の魅力について語り合った「車座しまなみトーク!」。最終回は、瀬戸内海に浮かぶ島々からゲストをお招きして、「住みたい/住み続けたい島」について共に考える会を開催いたします!住み続けたい魅力的な場所として、独自の方法で地域に根付いた活動をされている方々と共に、島の歴史、現在、未来を語らいます。

Part5 車座しまなみトーク!
「日本でいちばん住みたい島にするために」
2016年1月24日(日)13:00〜17:00 (12:30開場)
会場:上浦歴史民俗資料館 多目的ホール

「車座しまなみトーク!」は文化庁・地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業です。この事業は、美術館や歴史博物館が地域の核として文化の発信を牽引し、文化芸術立国の実現に役立つことを目指す取り組みとして採択されたものです。大三島では、中核館となる今治市伊東豊雄建築ミュージアムをはじめ、今治市やNPOこれからの建築を考える 伊東建築塾などが構成団体となり、「大三島を日本でいちばん住みたい島にするプロジェクト実行委員会」が新たに発足しました。2015年度は大三島の魅力について、島に住む人や島を訪れる人、皆で一緒に考え、広く発信していくことを目指します。

※詳細は、下記PDFデータをご覧ください。
車座しまなみトーク!冬の会