ホーム / イベント / 過去のイベント / 春休み子どもワークショップ2016
今治や大三島の「モラ」をつくろう!

春休み子どもワークショップ2016
今治や大三島の「モラ」をつくろう!

TIMA春子ども2016(表)

今治市と姉妹都市でもある中米の国、パナマの民族手芸「モラ」を知っていますか?「モラ」は、色とりどりの布を組み合わせて、パナマの文化や自然の豊かさを表現した、女性の民族衣装に使われる布です。このワークショップでは、小森陽子先生、田口純子先生と一緒に、大三島や今治などのみんなの好きな場所・ひと・もの・ことをスケッチして、色紙を使って私の「モラ」をつくります!完成したら、パナマで建築やまちのことを学んでいる子どもたちに向けて、今治や大三島など、みんなが住んでいる地域の風景や暮らしを紹介するビデオメッセージを撮って送ります! 当日はパナマのお友達からもビデオが届きますよ!また、みんなが送ったビデオメッセージにお返事がくるかもしれません。
「モラ」づくりを通してパナマのお友達と交流しましょう!

今治市伊東豊雄建築ミュージアム春休み子どもワークショップ2016
パナマ・ビオミュージアム国際交流ワークショップ

日時:2016年3月30日(水)10:00開始 15:30終了予定

会場:今治市伊東豊雄建築ミュージアム シルバーハット
※雨天の場合は、大三島ふるさと憩の家で開催します。
※今治市内からご参加いただける方は、今治市役所前、宮窪小学校正門前、伯方島バスストップから無料送迎バスをご利用いただけます。出発時間はお申込みいただいた後、個別にご連絡いたします。

09:30~10:00 受付
10:00~10:10 先生やスタッフの紹介、自己紹介
10:10~10:20 ワークショップの説明、パナマからのメッセージ紹介
10:20~10:50 「モラ」の下絵をスケッチしよう!
10:50~11:20 色の組み合わせや構成について先生と相談しよう!
11:20~12:00 「モラ」の構想を発表しよう!
12:00~13:00 お昼ごはん〜ミュージアムを探検しよう!〜
13:00~14:15 「モラ」をつくろう!
14:15~15:15 パナマに送るビデオメッセージをつくろう!
15:15~15:30 先生からのお話、記念撮影

参加対象:小学校4年生~中学校3年生

定員:20名 
※応募者多数の場合は抽選となります。参加の可否は3月22日(火)までに通知予定です。

参加料:無料 
※昼食はお弁当をご持参ください。

申込締切:3月17日(木)

申込方法:メールまたはFAXによる事前申込が必要です。 

●メール:件名を「ワークショップ参加希望」とし、氏名、学校名、学年、性別、保護者氏名、住所、電話番号、送迎バス利用希望、乗車場所を明記の上、送信ください。
MAIL: office@tima-imabari.jp
※PCのメールが受信可能なメールアドレスより送信ください。携帯電話のメールで受信制限をしている場合、tima-imabari.jpのドメインが受信できるよう設定してください。

●ファックス:下記のPDFを印刷していただき、送迎バス乗車希望欄にご記入の上、送信ください。
FAX: 0897-74-7225

協力:BIOMUSEO(ビオミュージアム)
http://www.biomuseopanama.org/en
ビオミュージアムは中米パナマに所在する熱帯を中心とする生物多様性の保護と世界への情報発信を目的としたミュージアムです。 研究組織によって支えられていると共に、パナマの人々のアイデンティティが独自の環境保全への意識を高めることに繋がっています。 ミュージアムの建物は、世界的に有名な建築家・フランク・O・ゲーリーが設計しました。そのデザインは、パナマ海峡が2つの大陸を分断し、いかに生物多様性を生み出したかについて伝えています。また、ビオミュージアムはパナマ運河の入り口に位置しながら、パナマシティのスカイラインをはっきりと見ることができる特徴的な場所にあります。

SONY DSC

 

協力:OOperai Panama(オオペライ パナマ)
https://www.facebook.com/OOperaiPanama/
OOperai財団は、2011年に都市環境を創造、評価するプログラムを無償で子どもたちへ提供することを目的にパナマで設立されました。設立から約3年間、6歳から12歳の困難な環境で暮らす子どもたちを対象に活動していました。都市人口の急激な増加によって、住環境が悪化し、都市環境に対する意識を高める必要があったのです。 2013年よりOOperaiは、インド・チェンナイとムンバイでも活動を開始し、現在はパナマと両方の国で定期的にワークショプなどを実施しています。 また、建築や都市といった切り口で、学びの交流を促進することを目的に、10カ国以上の国とのコラボレーションもしています。

panama_01

panama_02

※詳細は、下記PDFデータをご覧ください。

TIMA春子どもWS2016.pdf