ホーム / 展覧会 / 「これからの建築を考える」

展示2012「これからの建築を考える」

2012年7月3日〜2013年6月30日

2011年7月に開館した今治市伊東豊雄建築ミュージアムの2回目となる展示では、震災直後にスタートした伊東豊雄建築設計事務所の手掛けるプロジェクトを中心に、これからの建築のあり方を考えます。エントランスホールで展示する「みんなの森 ぎふメディアコスモス」(前期:2012年7月~12月)と「台湾大学社会科学部棟(校舎、図書館)」(後期:2013年1月~6月)は、ともに建築と自然がどのような関係を築くことができるかを探る実験的なプロジェクトであり、建築における自然エネルギーの利用や省エネルギーの実現という建築界全体が取り組む課題に対し、ひとつの回答を示すものです。また最後の展示スペースとなるサロンでは、仙台市宮城野区や釜石市の商店街など、東北各地に広まりつつある「みんなの家」プロジェクトの現状を展示します。

»スペシャルトークイベント「音楽と建築」


前期(2012年7月〜12月)みんなの森 ぎふメディアコスモス


後期(2013年1月〜6月)台湾大学社会科学部棟(校舎、図書館)