ホーム / ブログ

ブログ

天皇陛下御在位三十年を記念して、入館料が無料となります。

2019年02月14日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

この度伊東豊雄建築ミュージアムでは、天皇陛下御在位三十年を記念して、下記の日程は入館料が無料となります。

日時:2019年2月24日(日)9:00~17:00

今治市内の博物館、美術館も無料となりますので、この機会にぜひ美術館巡りをされてはいかがでしょうか。
皆さまのご来館をお待ちしております!

どうぞよろしくお願い致します。

 

謹賀新年

2019年01月01日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

新年明けましておめでとうございます。
大三島は快晴に恵まれ、清々しい一年の始まりとなりました。
毎年お正月は寒さが厳しくなりますが、ピンと張りつめた冷たい空気が新たな年を迎えるにあたり、
心地の良い緊張感を与えてくれて、晴れやかな気持ちにさせてくれます。

「今年はどんな一年にしょうか。」そんな思いを馳せながら、本日より伊東豊雄建築ミュージアムは開館しております。
多くの方にミュージアムに足を運んでいただき、建築や大三島に親しんでいただけるよう、スタッフ一同精一杯務めて参ります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年末年始の開館日のお知らせ

2018年12月06日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

伊東豊雄建築ミュージアムの年末年始の開館について、お知らせいたします。
12月27日(木)~31日(月)まで年末休館とさせていただき、年始は1月1日(火)から開館しております。

年末年始の開館日と休館日は下記の通りです。
〇:開館日(9:00~17:00)、×:休館日

12月27日(木)× 
12月28日(金)×
12月29日(土)×
12月30日(日)×
12月31日(月)× 

2019年
1月1日(火)〇
1月2日(水)〇
1月3日(木)〇
1月4日(金)× 振替休館日
1月5日(土)〇

どうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年11月23日 特別無料開館を行いました。

2018年11月25日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

2018年11月23日(金・祝)に伊東豊雄さんが文化功労者に選出されたのを記念して、特別無料開館を実施しました。
三連休の初日ということもあり、多くのお客様にご来館いただき、通常よりもミュージアムが賑やかになったように思います。

「普段はあまりミュージアムに遊びに行く機会がない・・」、「島にいるから、いつでも行けるから・・」と仰っていた方にもお越しいただき、伊東さんの建築や大三島での活動をお伝えできるいい機会となりました。

今回は特別に大三島のクラフト作家、Jishacさんにオリジナルバッジを作成していただき、先着20名の方に配布させていただきました。

IMG_1684-2
このバッジは島で捕れたイノシシの革を使用しています。荒々しいイノシシの印象とは対照に柔らかな革で、触り心地も気持ちがいいです。バイカラーで組合わせた革に弊館の展示棟「スティールハット」が象ってあります。普段使いもできる素敵なバッジに仕上げていただき、とても嬉しく思います。

IMG_1681

ミュージアムにお越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。

特別無料開館のお知らせ

2018年11月16日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

建築家の伊東豊雄さんが2018年度の文化功労者に選出されました。
選出を記念して、伊東豊雄建築ミュージアムでは下記の日程を観覧料無料とし、多くの方にミュージアムや建築に親しんでいただきたいと思っています。
この日は、専門員によるミュージアムツアーや先着20名に特別なプレゼントがございます。
これを機にぜひミュージアムへ足をお運びください!

日時:2018年11月23日(金・祝)9:00~17:00

【ミュージアムツアー】
ミュージアムツアーでは、専門員が館内を案内し、伊東豊雄さんの建築と展覧会「聖地・大三島を護る=創る」を通して、伊東さんが取組む大三島での活動をご紹介します。
ミュージアムツアー:10:00~11:00、14:00~15:00
※申込不要
※参加をご希望の方は展示棟「スティールハット」のエントランスにお集まりください。

【特別プレゼント】
展覧会をご覧いただいた方、先着20名様に特別なプレゼントをお渡し致します。
※なくなり次第、終了となりますので、ご了承くださいませ。

 

NHK Worldのインタビュー番組「Direct Talk」に伊東が出演します

2018年11月15日 / お知らせ

庄子 利佳(伊東建築塾)

この度、伊東豊雄がNHK Worldのインタビュー番組「Direct Talk」に出演します。

NHK Worldは、約160の国・地域で2億9千万ほどの世帯に視聴されている国際放送です。
「Direct Talk」は15分のインタビュー番組で、日本やアジアの財界人や文化人、アーティストなどを紹介しています。
日本では、iTSCOMなどの一部ケーブルテレビやインターネットでの視聴が可能となっています。

今回伊東は、デザインや機能だけでなく、人々が生き生きと暮らすためにどのような建築を目指すのか、作品やプロジェクトを紹介しながら語ります。
ご興味のある方は、是非ご覧ください。

放送日時:11月20日(火)20:40~20:55
ライブ放送:http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/live/
オンデマンド放送:https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/directtalk/
(オンデマンド放送は、放送日の翌日から1年間、インターネットでの視聴ができます。)
番組HP:https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/directtalk/

伊東豊雄さんが文化功労者に選ばれました。

2018年10月26日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

2018年10月26日(金)、伊東豊雄さんが文化功労者に選ばれたことが発表されました。
文化功労者は、「文化の向上発達について特に功績の顕著な者」として毎年15人程が選ばれます。
伊東さんは「建築を軽く」という方法論で注目を集め、日本各地でプロジェクトを展開。現代建築の発展に寄与したことが評価されました。

愛媛新聞では、伊東さんの喜びのコメントと大三島での活動について、詳しく掲載されています。ぜひご覧ください。

 

NHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達」に伊東豊雄が出演します

2018年10月25日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

この度、伊東豊雄がNHK Eテレの番組「SWITCHインタビュー 達人達」に出演します。

異なる分野で活躍する2人の“達人”が出会い、語り合う番組ですが、単なる対談ではなく、番組の前半と後半でゲストとインタビュアーを「スイッチ」しながら、それぞれの「仕事の極意」について語り合い、発見し合う、いわばクロス×インタビューが行われます。

今回は、使う人が心地良いと感じる建築を模索し続ける伊東豊雄が、世界各地の家の写真を撮り続けていらっしゃる写真家・小松義夫氏と出会い、大三島を舞台に語り合います。

ご興味のある方は、是非ご覧ください。

番組名:「SWITCHインタビュー達人達」
放送局: NHK Eテレ
放送日時:11月10日(土)22:00~23:00

詳細は、番組ホームページをご覧ください。

第五回 神無月造作茶会が開催されました。

2018年10月13日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

10月13日(土)に松山を中心に活動されている遠州流茶道 飯田宗翠一門の皆さんがシルバーハットのワークショップスペースで「第五回神無月造作茶会」を開催致しました。
普段は作家、職人をされている皆さんがシルバーハットにこの日限りのお茶室を手作りで作ってくださり、
彫金や陶芸、華道などの作家さんである皆さんのお力で、シルバーハットにしかできない茶室空間を設置してくださいました。
この日のために作られた茶器などもあり、お茶を体験するだけでなく、作家さんの作品も堪能できるものでした。
中にはシルバーハットをイメージしたという茶道具もありました。

IMG_9163

島内外の方がご参加くださり、経験者の方や初めてお茶を経験される方も参加できる、とても心地のいいお茶会となりました。
計3回お茶がもてなされ、着物でいらしてくだされた方々もいらっしゃいました。
大三島や伯方島からもお茶の先生をされている方もお越しいただき、流派を超えて楽しんでくださいました。
IMG_9198

IMG_9280

遠州流茶道 飯田宗翠一門の皆さま、素敵なお茶会を企画してくださり、どうもありがとうございました!
そしてご協力いただいた島内の林さん、西原さんにも感謝です!

シルバーハットのワークショップスペースは一般の皆様にもお使いいただくことが可能です。
ご希望の方は伊東豊雄建築ミュージアムまでお気軽にご相談ください。

台風24号に伴う臨時休館のお知らせ

2018年09月28日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

台風24号が発生し、今週末にかけて西日本にも影響を及ぼすことが予想されます。
誠に恐縮ではございますが、9月30日(日)午前8時の時点で今治市に暴風警報が発令された場合は、臨時休館とさせていただきます。

来館を予定されている皆様にはご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。
ご理解いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。