ホーム / ブログ

ブログ

あけまして、おめでとうございます!

2021年01月01日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

あけまして、おめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年の元旦は、はらはらと雪が舞う寒い一日となりました。
毎年澄み切った空気が流れる大三島の元日は、
新年の幕開けを感じさせるような、清々しい気持ちにさせてくれます。

63DA0D0F-0156-46EB-9EAF-AC3AE48399FB

BE2A4C43-CF09-445A-B439-FEF742D6F6C8

天候によって表情が変わるミュージアムの建築も魅力の一つですので、
どうぞ遊びにいらしてください。

伊東豊雄建築ミュージアムは今年も元旦から開館しております!

これから冷え込む日が続くそうなので、どうぞ温かくしてお過ごしください。

年末年始の開館日のお知らせ

2020年12月12日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

2020年も残りわずかとなりました。
伊東豊雄建築ミュージアムの年末年始の開館日を以下にお伝え致します。
12月27日(日)~31日(木)は年末休館となり、2021年1月1日(金)から開館となります。

12月27日(日)×
12月28日(月)×
12月29日(火)×
12月30日(水)×
12月31日(木)×
1月1日(金)〇
1月2日(土)〇
1月3日(日)〇
1月4日(月)×
1月5日(金)〇
開館:〇、休館:×

当ミュージアムでは、スタッフのマスク着用、定期的な換気、共有部分の定期的な消毒を実施しています。
また来館されるお客様にも咳エチケット(マスクの着用)や手指の消毒など、入館時にご協力をお願いしております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

「篠笛コンサート 島風2020」の様子がYoutubeでご覧いただけます。

2020年10月29日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

2020年10月25日(日)に岩田健母と子のミュージアムで、篠笛奏者の佐藤和哉さんをお招きし、「篠笛コンサート 島風2020」を開催しました。

今回の公演は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、定員を最小限にして開催することになりましたので、ご参加いただけなかった方にも楽しんでいただけるよう、当日の様子をYouTubeでライブ配信致しました。

大三島の自然を感じることのできる空間で、彫刻を鑑賞しながら佐藤さんの篠笛の音色を堪能することができたとても贅沢なコンサートとなりました。

動画では演奏後のアフタートークで建築家の伊東豊雄さんと佐藤さんの対談の様子もご覧いただけますので、ぜひ以下のURLよりご覧ください。

https://youtu.be/Cb9jv5JlRLI

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

篠笛コンサート「島風2020」を開催しました。

2020年10月28日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

2020年10月25日(日)、篠笛奏者の佐藤和哉さんをお迎えして、篠笛コンサート「島風2020」を開催しました。
佐藤さんに公演をお願いするのは、昨年に引き続き、2回目となります。

会場は島内にある伊東豊雄さんが設計したもう一つの美術館、岩田健母と子のミュージアムです。

そして今年も大山祇神社の参道にお店を構える「大三島みんなの家」が出店し、ドリンクや島の旬な食材を使ったスイーツを販売してくださり、公演前のひと時を楽しませてくださいました。
イベント限定で販売する「伊東さんクッキー」も人気だそうなので、イベントの際は、ぜひ購入してみてください◎

©吉野かぁこ

©吉野かぁこ

公演は秋らしい穏やかな天候に恵まれ、唱歌「この道」からスタートしました。
佐藤さんの音色がのびやかに会場を巡り、ミュージアムも楽器の一部になったようです。
「二十一世紀ノスタルジア」と評される佐藤さんの演奏に引き込まれ、来場者の皆さんもとても心地良さそうなご様子でした。

コロナ禍のため定員をぐっと減らしての開催となり、感染防止のため客席も十分に間隔を空けることになりましたが、点在する44点の彫像が人と人との間を繋いでくれたように思います。
ゆったりと客席をとることができ、さらに彫刻が一つ一つが際立ち、ある意味、贅沢な空間になったのかもしれません。

©吉野かぁこ

中盤で演奏された「たてやま囃子」は観客の手拍子に合わせて演奏されました。お祭りで吹かれる曲で、軽快なリズムが印象的です。佐藤さんは演奏しながら踊るように、観客や彫像の間を巡ってくださいました。

市内でもお祭りが中止になるなど、寂しい思いをされた方も多いかと思いますが、コロナ禍で下を向きがちな気持ちも、この軽快な曲により、明るい気持ちになった方も多かったのではないかと思います。

1M5A0262★

その後は子守歌の「ゆりかごのうた」と「さちねうた」を演奏。
佐藤さんがお子さん二人のお父さんでいらっしゃることもあり、子どもに聴かせるような優しさに溢れた音色でした。
佐藤さんの演奏は、表情から動作に至る全身で曲を伝えてくださるので、曲の情景が目に浮かぶようでした。

彫刻もそっと耳を傾けているような、会場が温かな雰囲気に包まれました。

©吉野かぁこ

唱歌からオリジナル曲まで豊かなバリエーションで観客を魅了し続けた佐藤さんの演奏は、鳥のさえずりと共に会場に響き渡り、特別なひと時を作ってくださいました。

©吉野かぁこ

後半は建築家の伊東豊雄さんにも登壇いただき、佐藤さんと対談をしていただきました。
伊東さんは今回の公演を楽しみにされていたそうで、昨晩からどのような演奏になるのか、思いを巡らせていたそうです。

©吉野かぁこ

はじめに伊東さんから佐藤さんが篠笛奏者になった経緯について質問されました。

学生時代、洋楽に影響を受けていた佐藤さんは、トルコへ旅に行った際に日本人としての音楽を始めたいと強く思われたそうです。
シンガーソングライターを目指された時期もあったそうですが、故郷の祭「唐津くんち」に参加していたこともあり、お囃子で使用していた篠笛の演奏で自分の表現を追求したいと考え、その後、歌うように篠笛を奏でるスタイルが確立されたそうです。
また篠笛の音については「文化的な音でもあるものの、私は現代の感性で演奏することが強みだと思っているので、新しい篠笛の形、表現方法をやっていきたいと思っています。」とお話してくださいました。

現在、奏者、作曲家として大活躍されている佐藤さんの青春時代の想いを聞きながら、伝統を護りつつ、自分の表現を追求されている様子を伺うことができました。

1M5A0347

そして伊東さんからもご自身が考える理想の建築について「桜の下に幔幕を垂らして人々がお花見をするのが理想の建築です。自然の中で幕を張っただけで特別な場所になり、取り払えばもとの自然に戻る。建築としては無理な話ですが、岩田ミュージアムもそのイメージに近く、壁をまわしただけの空間です。」と話されました。

また「たてやま囃子」を演奏された時に、佐藤さんが観客の間を自由に歩きまわりながら、演奏された様子を見て、とても感動されたとのこと。
岩田ミュージアムの彫像の配置は、西洋のように左右対称に整然と並べられているわけではなく、余白をつくることで自由な空間が生まれる日本的な配置にしているため、その余白の空間を活用した佐藤さんの演奏がとても喜ばしかったそうです。

1M5A0358★

そして佐藤さんの曲作りについて話が移り、
佐藤さんは「自然の風景など心が沸き立つ感動を覚えた時に、音楽があることでその景色がより印象的になるにはどうしたらいいかを考えます。」とお答えになりました。

伊東さんは「岩田ミュージアムは海が直接見えないけど、海を想像できる空間です。壁で覆うことで周りの景色の見え方が変わってくると思う。周囲の環境がより美しく感じると思っている。佐藤さんも自然をただイメージするだけでなく、奥にみえるものを創造しているのだと感じました。」と共感されている様子でした。

1M5A0417

佐藤さんの演奏、伊東さんの建築、岩田さんの彫像を堪能した後に、こうして作り手のお二人から、ものづくりに対する想いの一端を伺うことができ、今回の公演がより印象深いものになりました。

今回、佐藤さんサイドのご厚意でyoutubeでライブ配信を行い、多くの方に聴いていただけるようにとご配慮くださいました。
当日の様子は後日、youtubeでもご覧いただけますので、改めてご報告しますね。

佐藤和哉さんをはじめ、今回の公演にご協力くださった皆さん、ご来場いただいた皆さん、どうもありがとうございました!

次回も多くの方とこうしたひと時を共有できるよう、願っています。

【演奏曲】
・この道
・空色の想い出
・たてやま囃子
・われは海の子
・望郷
・ゆりかごのうた
・さちねうた 
・桜色のワルツ

写真:吉野かぁこ

篠笛コンサート島風2020 YouTubeのライブ配信のチャンネル変更のお知らせ

2020年10月25日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

本日、開催される「篠笛コンサート 島風2020」で予定しているYouTubeのライブ配信につきまして、
チャンネルを変更することになりましたので、お知らせ致します。

ご不便をお掛けし、誠に申し訳ございませんが、
以下のチャンネルよりコンサートをお楽しみいただけますと幸いです。
https://www.youtube.com/channel/UClIzLRZ2_e87JHtXZSO3b0g

またライブ配信につきましては、会場にお問合せいただいても、対応できかねますのでご配慮いただけますよう、

何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

えひめ名建築発掘発信シンポジウムに伊東さんが登壇されます。

2020年10月17日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

愛媛県県民文化会館サブホールで開催されるシンポジウム「えひめ、建築のこれまでとこれから―戦後建築から愛媛の未来を考える」に伊東さんが登壇されます。

丹下健三さんが設計された愛媛県県民文化会館で、伊東さんの基調講演「自然が蘇る建築」とパネルディスカッションが行われます。

日時:2020年11月7日(土)13:00~16:00
定員:250名 ※事前申込が必要です。先着順/締切11月2日
入場料:無料

会場:愛媛県県民文化会館サブホール(松山市道後町2-5-1)
登壇者:伊東豊雄(建築家)、曲田清維(愛媛大学名誉教授)、松隈洋(建築史家)、花岡直樹(公社 愛媛県建築士会理事)、宮畑周平(編集者・写真家・ライター)

お申込み・お問合せ:愛媛県スポーツ・文化部 まなび推進課

詳しくは以下のリンクからご覧ください。
えひめ、建築のこれまでとこれから―戦後建築から愛媛の未来を考える

お誘いあわせの上、どうぞご参加ください。

 

伊東豊雄がNHK総合「シン・地方の時代〜パンデミックで変わる 四国の未来〜」に出演いたします。

2020年10月16日 / お知らせ

庄子 利佳(伊東建築塾)

先月のNHKBSでの放送に続き、地上波でも全国放送されることになりました。

以下に番組概要をお知らせします。

【特集番組「シン・地方の時代〜パンデミックで変わる 四国の未来〜」】

チャンネル: NHK 総合〈全国放送〉

放送日時 : 10/27(火)午前10:15〜10:40

出演者  : 伊東豊雄、青野慶久さん(サイボウズ社長)、安藤桃子さん(映画監督)、大南信也さん(NPO理事)、山崎亮さん(コミュニティデザイナー)

伊東豊雄がNHK BS「シン・地方の時代~パンデミックで変わる四国の未来~」に出演します

2020年09月07日 / お知らせ

古川きくみ(伊東建築塾)

この度、伊東豊雄がNHK BSの特集番組「シン・地方の時代~パンデミックで変わる四国の未来~」に出演いたします。

チャンネル: NHK BS1〈全国放送〉
放送日時 : 9月19日(土)午前0:25~0:50 ※18日(金)深夜
出演者  : 伊東豊雄、青野慶久さん(サイボウズ社長)、
       安藤桃子さん(映画監督)、大南信也さん(NPO理事)、
       山崎亮さん(コミュニティデザイナー)
番組HP  : https://www.nhk.or.jp/matsuyama/human/ 
         ※番組情報は後日掲載予定

先月、四国限定で放送された番組ですが、この度、全国放送される運びとなりました。ご興味のある方はぜひご覧ください。

伊東豊雄 / NHK松山の特集番組出演のお知らせ

2020年08月04日 / お知らせ

古川きくみ(伊東建築塾)

この度、伊東豊雄がNHK松山の特集番組「シン・地方の時代~パンデミックで変わる四国の未来~」に出演いたします。

放送日時:8月7日(金)午後7時30分~<四国向け(除く高知)>
再放送 :8月8日(土)午前10時55分~<四国向け(除く愛媛)>

伊東の他に、今治出身の経営者・青野慶久さんや映画監督・安藤桃子さん、コミュニティデザイナーの山崎亮さんも出演されます。

詳細については、番組ホームページをご参照ください。

四国限定の放送となりますが、ご興味のある方はぜひご覧ください。

展示替えに伴う、臨時休館のお知らせ

2020年07月22日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

この度、新型コロナウイルスの影響で延長しておりました展覧会「聖地・大三島を護る=創る2019」が8月30日(日)をもって終了致します。

つきましては、下記の通り展示替え のため、臨時休館となります。
展示替え期間:2020年8月31日(月)~2020年9月18日(金)

次回は、展覧会「公共建築はみんなの家である」の開催を予定しております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。