ホーム / ブログ

ブログ

年末年始の開館につきまして

2019年12月17日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

12月入りあっという間に中盤を過ぎようとしています。
年末年始の予定を立てていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

弊館は12月27日(金)~12月31日(火)は年末休館とさせていただき、
2020年は1月1日(水)から開館しておりますので、ぜひ大山祇神社の参拝と合わせてお越しください。

皆様のご来館をお待ちしております!

子どもワークショップ「大三島どろんこハウスをつくろう!」を開催しました。

2019年11月04日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

10月26日(土)に子どもワークショップ「大三島どろんこハウスをつくろう!」を開催しました。
講師に左官職人の高橋直彦さんをお迎えして、今治の小学生23名と左官について学びながら、土のお家をつくりました!

まずは高橋さんから「左官ってなーんだ?」と左官についてお話をしていただきました。
参加者のお子さんは土壁のお家を見たことはあるものの、土や砂、ワラなどの材料や塗る作業を見るのは初めての様子。
大三島の盛という地域でとれたきれいな桃色の土を見て、興味津々。真剣にお話を聞いてくれました。

©吉野歩

©吉野歩

高橋さんは左官の魅力について「土はとても自由で、工夫することで色んな形にすることができます。それが土の面白さです。この後の制作では工夫しながら、色んな塗り方に挑戦してください。」と仰っていました。
高橋さんのアドバイスを聞いて、参加者のお子さんも気合が入った様子。いざ制作です。

©吉野歩

©吉野歩

©吉野歩

©吉野歩

3つのグループに分かれて、お家の土台に土壁を塗っていきますが、まずはお家の中に入って光の入り方をイメージしてもらいました。
屋根や壁の塗り方によって、かなり内観の印象が変わりそうです。みんなで輪になってどんなお家にしようかと相談しました。
イメージを共有できたら、まずは手でぺたぺたと土を壁や屋根に塗っていきます。
「冷たくて気持ちいい!」「厚みを均一にするのって難しい!」「コテを使ってみたい!」「土を塗って、削ったりしても楽しいよ!」色んな感想が挙がりました。

制作が進むにつれ、各グループ「青空ハウス」に「にこにこハウス」、「しましまハウス」とテーマが決まりました。
そして持参した自然素材の枝やどんぐり、ビー玉に毛糸と理想のお家に向けて、彩っていきました。

©吉野歩

©吉野歩

©吉野歩

©吉野歩

最後は一人一人にプレゼンシートを作ってもらい、難しかった点や工夫した点を発表してもらいました。
参加者の笠原さんは「みんなの力が加わることで、ひとりの発想ではできなかったことに挑戦できた。」と発表していました。それぞれに色んな発見があったようで、こちらも嬉しい気持ちになりました。

参加者の皆さんがすごい熱量で制作してくれた「どろんこハウス」は11月末までシルバーハットで展示をしています。
ぜひ見にいらしてください!

講師の高橋さん、参加者の皆さん、どうもありがとうございました!

「大三島の自然を食べよう!」を開催しました。

2019年10月28日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

2019年10月13日(日)に大三島の自然の魅力を伝えるイベント「大三島の自然を食べよう!」を開催しました。

地元の元婦人会のメンバーが中心となって結成した「大三島の自然を守る会」は、大三島の環境と地域を大切にしたいという思いで、島内の希少な動植物や自然景観の保護活動、地域の清掃など多岐に渡って活動をされています。そうした活動の中で、「島内外の方に大三島の自然の豊かさや魅力を体感してもらいたい。」との思いから、今回イベントを一緒に行うことになりました。

IMG_3839-2

イベントでは大三島の自然を食を通じて楽しんでいただきたいと、芋煮にところてん、イギス豆腐と自家製の漬物がトッピングされたおにぎりなど、大三島の郷土料理を含めた盛りだくさんの内容のランチを販売したり、自然素材を使った手作り雑貨や植物の販売も実施しました。

IMG_3500

前日の仕込みから、手際の良さ、連携ぶりには感嘆です。さすが元婦人会メンバー。
自家製のしそジュースに桑の葉茶、漬物など、皆さんが家庭で実践されているレシピを公開してくださったりと、これから役立てる知恵をたくさん教えてくださいました。

IMG_3474

IMG_3499-2

材料も農業をされている会員の皆さんの協力を得て、大三島で育てられた食材を集めることができました。
今ではめずらしくなったという大三島産の天草やいぎすを提供していただきました。
天草は地域によって味が変わるようで、大三島ならではの味がするとのこと。磯の香りが際立ち、弾力のある食感でとても美味しかったです!

IMG_3487-2

会員の皆さんは多才な方がたくさんいらっしゃり、会場では植物の展示や同会の活動に関する写真を展示されました。

植物の展示では、華道の先生が中心となって、会場にお花を生けてくださり、会場を華やかに彩っていただきました。
生け花には秋の七草やミュージアムの庭に自生している植物を加えていただいたりとアイディアが満載でした。

写真展示では、希少生物・ダルマガエルの生息地となる田んぼづくりや島の中心にある安神山の遊歩道の清掃など、様々な活動の様子が会員の皆さんの生き生きとした表情と一緒に記録されています。
写真を拝見していると日本の四季を感じることができたり、皆さんが楽しみながら活動に参加されているのがよくわかります。
同会の長年の努力を垣間見ることのできる展示となりました。

IMG_3820-2

イベントの最後には、野草のミニレクチャーもしてもらい、身近にある植物の解説や会員の方が実践しているヤマモモを使った虫刺されのかゆみ止めの作り方など、植物を生活に取り入れる工夫を知ることができました。

 IMG_3482-2

今回のイベントでは、大三島の自然を守る会の皆さんのお知恵や技を拝借し、自然が身近に溢れていること、日常においても視点を少し変えるだけで、新しい世界が広がることに気がづくことができました。

島内外から沢山の方にお越しいただき、通常のミュージアムとは違う楽しみ方をしていただけたと思います。来場者の方々が気さくな会の皆さんと交流をする機会にもなり、とても温かなイベントとなりました。

大三島の自然を守る会の皆さま、ご来場いただいた皆さま、ご協力いただき誠にありがとうございました!

即位礼正殿の儀に伴い、観覧料が無料となります。

2019年10月10日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

即位礼正殿の儀に伴う慶祝事業として、2019年10月22日(火)を観覧料無料といたします。
この機会にぜひ伊東豊雄建築ミュージアムへお越し下さい!

食のイベント「大三島の自然を食べよう!」

2019年09月25日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

IMG_0920
この度、伊東豊雄建築ミュージアムでは、大三島の自然を食で楽しむイベントを開催します。

日時:2019年10月13日(日)11:00~15:00
会場:伊東豊雄建築ミュージアム シルバーハット(ワークショップスペース)
入場料:無料

大三島は里山として自然が残されていることから、多くの生き物が生息しています。
大三島の希少な野生生物を調べ、守り、伝える活動をしている地域の元婦人会のメンバーが中心となって結成された「大三島の自然を守る会」の皆さんから自然と暮らす知恵を瀬戸内海が望めるシルバーハットで堪能しましょう!

【メニュー】
■島の恵みご飯セット ¥300
・ところてん      
大三島産の天草を使用。他にはない味を堪能できます。
・シソの葉ジュース 
鮮やかな色と甘酸っぱさがクセになる。混ざりもの一切なし!
・芋炊きとおにぎり
秋のお野菜をたっぷり使用、お腹も大満足!

■シソの葉ジュース(単品)¥100
疲れがとれる美味しさ!単品でお召し上がりいただけます。

※レシピも公開します!

■植物販売
植物とともに暮らす幸せをお伝えします。

【イベント】
・ミニレクチャー
「知って楽しい!大三島の野草と薬草のお話」

講師:小澤潤(森からつづく道 副代表、愛媛植物研究会役員)
時間:13:30~14:00
身近な植物を知って、生活に活かしてみましょう!

・ミニ展示
「大三島の自然を守る会ってこんなとこ!」
大三島の自然を守る会の活動をご紹介します。

地域と自然を大切にしている大三島の自然を守る会の皆さんとお待ちしています!
お誘いあわせの上、どうぞお気軽にご参加ください!

2019年10月1日より観覧料が変更になります。

2019年09月20日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

10月1日より消費税の改定に伴い、観覧料等が下記の通り変更になります。

【10月からの観覧料について】
一般:840円
学生:420円
高齢者(65歳以上):670円

一般団体(20名以上):670円
学生団体(20名以上):340円
※高校生以下または18歳未満は無料。
※障害者手帳をお持ちの方およびその介助者は無料。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

台風10号に伴う臨時休館のお知らせ

2019年08月14日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

大型の台風10号が8月15日(木)にかけて四国に接近、上陸するおそれがあるため、臨時休館とすることになりました。
来館を予定されていた方には、ご迷惑をお掛け致します。

猛烈な雨、風が懸念されますので、どうぞお気をつけて、お過ごしください。

お盆期間の開館について

2019年08月09日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

お盆休暇を利用されて旅行される方も多くいらっしゃることと思います。

伊東豊雄建築ミュージアムの開館日は下記になりますので、ご確認の上、ご来館ください。

8月10日(土)〇
8月11日(日)〇
8月12日(月・祝)〇
8月13日(火)× 休館日
8月14日(水)〇
8月15日(木)× 台風10号のため、臨時休館
8月16日(金)〇
8月17日(土)〇
8月18日(日)〇
8月19日(月)× 休館日

どうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年7月6日(土)観覧料無料のお知らせ

2019年07月04日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

展覧会「聖地・大三島を護る=創る2019」が7月4日(木)から始まりました。

週末の7月6日(土)に内覧会を行います。
この日はどなたでも観覧料無料で展覧会をご覧いただけますので、ぜひお誘い合わせ上、ご参加ください!
14時からシルバーハットのワークショップスペースでオープニングトークも開催致します。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

篠笛と大三島を巡る2Daysコンサート「島風」、2日目のご報告。

2019年05月30日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

コンサート二日目は、会場を岩田健母と子のミュージアムに移し、篠笛奏者の佐藤和哉さんをお招きして、篠笛と大三島を巡る2Daysコンサート「島風」を開催しました。

岩田健母と子のミュージアムは、彫刻家の岩田健さんが「母と子」をテーマにした作品が半屋外に展示されており、訪れると心を穏やかにさせてくれる温かさに包まれたミュージアムです。設計は伊東豊雄さんが担当されています。
ミュージアムの隣には木造校舎の小学校を活用したホテル「大三島憩の家」もあり、佐藤さんのノスタルジックな演奏にぴったりな趣のある場所です。

©吉野歩

©吉野歩

半屋外なので、こうしたイベントでは天候が気になってしまうものですが、佐藤さんをずっと応援されてきた方から教えていただいたところ、佐藤さんは大変な「晴れ男」として有名なんだそうです。
その通り、朝は曇っていたのですが、開演時間が近づくにつれ、少しづつ天候が回復し、間際には初夏を思わせるような快晴となりました。

©吉野歩

©吉野歩

白い衣装を着た佐藤さんが登場されると、会場の空気が一変。
円形のミュージアムを巡るように、篠笛の音色が響き渡りました。
この日は伴奏などはつけず、篠笛のみの演奏だったので、より篠笛の純粋な音色を堪能することができました。
楽曲は童謡の「ふるさと」や「糸」、「さくら色のワルツ」など多岐に渡るものでした。
来場してくださったお子さんから大人まで、聴き入っているご様子で、心穏やかに優しい気持ちになりました。

©吉野歩

©吉野歩

アフタートークでは、「演奏を通じてその場所の魅力をより強く感じてもらえるように、全国観光大使を目指している」とお話してくださった佐藤さん。この二日間、篠笛の音色を聴くことで大三島の素晴らしさを改めて実感することができました。

©吉野歩

©吉野歩

公演後は気さくにお話してくださる佐藤さんに、来場者の皆さんも感激されていました。

©吉野歩

©吉野歩

2日間連続で出店してくださった大三島のみんなの家のスタッフの皆さん。
美味しい焼き菓子やソフトドリンクを販売して、コンサートを盛り上げてくださいました。
公演後にさわやかなオレンジジュースは美味でした!

今回の佐藤さんとのご縁は唐津焼の中里太郎衛門さんが伊東さんにご紹介してくださったことで、公演を実現することができました。
ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

また篠笛のコンサートを佐藤さんをお招きして、ぜひ開催したいですね。