Home / Blog / Today’s TIMA / 篠笛と大三島を巡る2Daysコンサート「島風」、2日目のご報告。

篠笛と大三島を巡る2Daysコンサート「島風」、2日目のご報告。

2019/05/30 / Today's TIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

コンサート二日目は、会場を岩田健母と子のミュージアムに移し、篠笛奏者の佐藤和哉さんをお招きして、篠笛と大三島を巡る2Daysコンサート「島風」を開催しました。

岩田健母と子のミュージアムは、彫刻家の岩田健さんが「母と子」をテーマにした作品が半屋外に展示されており、訪れると心を穏やかにさせてくれる温かさに包まれたミュージアムです。設計は伊東豊雄さんが担当されています。
ミュージアムの隣には木造校舎の小学校を活用したホテル「大三島憩の家」もあり、佐藤さんのノスタルジックな演奏にぴったりな趣のある場所です。

©吉野歩

©吉野歩

半屋外なので、こうしたイベントでは天候が気になってしまうものですが、佐藤さんをずっと応援されてきた方から教えていただいたところ、佐藤さんは大変な「晴れ男」として有名なんだそうです。
その通り、朝は曇っていたのですが、開演時間が近づくにつれ、少しづつ天候が回復し、間際には初夏を思わせるような快晴となりました。

©吉野歩

©吉野歩

白い衣装を着た佐藤さんが登場されると、会場の空気が一変。
円形のミュージアムを巡るように、篠笛の音色が響き渡りました。
この日は伴奏などはつけず、篠笛のみの演奏だったので、より篠笛の純粋な音色を堪能することができました。
楽曲は童謡の「ふるさと」や「糸」、「さくら色のワルツ」など多岐に渡るものでした。
来場してくださったお子さんから大人まで、聴き入っているご様子で、心穏やかに優しい気持ちになりました。

©吉野歩

©吉野歩

アフタートークでは、「演奏を通じてその場所の魅力をより強く感じてもらえるように、全国観光大使を目指している」とお話してくださった佐藤さん。この二日間、篠笛の音色を聴くことで大三島の素晴らしさを改めて実感することができました。

©吉野歩

©吉野歩

公演後は気さくにお話してくださる佐藤さんに、来場者の皆さんも感激されていました。

©吉野歩

©吉野歩

2日間連続で出店してくださった大三島のみんなの家のスタッフの皆さん。
美味しい焼き菓子やソフトドリンクを販売して、コンサートを盛り上げてくださいました。
公演後にさわやかなオレンジジュースは美味でした!

今回の佐藤さんとのご縁は唐津焼の中里太郎衛門さんが伊東さんにご紹介してくださったことで、公演を実現することができました。
ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

また篠笛のコンサートを佐藤さんをお招きして、ぜひ開催したいですね。