ホーム / ブログ

ブログ

音とダンスのパフォーマンス「浜楽」を開催致しました。

2018年05月22日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

伊東豊雄さんが設計した岩田健母と子のミュージアムで音とダンスのパフォーマンス「浜楽」を開催致しました。
サウンドアーティストの鈴木昭男さんとダンサーの宮北裕美さんをお迎えし、この日にしか出会えないパフォーマンスをしていただきました。

©Atushi koyama

©Atushi koyama

パフォーマンスは、石を二つ重ねたカスタネットのような楽器「ヌトゥ」の音から始まりました。宮北さんがゆっくりと会場を歩きながら、石のはじける音を奏でます。

鈴木さんは宮北さんと呼吸を合わせるように石笛を奏でると、お二人の世界がどんどん作られていきました。
鈴木さんも来場者の間を縫うように歩きながら、じっくりと会場中に音を響かせていきます。
石笛は素朴な音でありながら、会場を包みこむような大らかさに溢れ、音が地面や空気から体に伝わってくるようでした。

©Atushi koyama

©Atushi koyama

しばらく経つと、鈴木さんが「やまびこ」から発想を得て作った楽器「アナラポス」が演奏されました。
アナラポスは筒と弦で構成された楽器で、弦を引くと何重にも音が重なり合い、しずくが落ちるような軽やかな音や鈴木さんが声を吹き込むと龍の鳴き声のような高音が響きます。空気に音が伝わる様子が体感で感じることができる不思議な楽器でした。

©Atushi koyama
©Atushi koyama

ヌトゥが一定のリズムを刻み、アナラポスの響きに合わせて、宮北さんの体がしなやかに動きだし、生き生きと躍動感にみなぎるパフォーマンスに惹きつけられます。
ぐっと手を空に向けたり、軽やかに飛んだり、彫刻と寄り添ったり、まるで彫刻の子ども達と遊んでいるような印象を受けました。

お二人はパフォーマンス中に視線を交わすことはなく、お互いの気配を感じながら、約40分間の息の合ったパフォーマンスを終えました。

演奏後は、出演者の鈴木さんと宮北さん、今回のパフォーマンスを企画をしてくださった玉重さん、そして建築家の伊東さんが加わり、玉重さんの進行のもとアフタートークを行いました。

©Atushi koyama

©Atushi koyama

 玉重さんからは、今回の企画について「このミュージアムや中野本町の家を訪れて、音が巡るのを体感し、伊東さんの建築は楽器のようだと思った。音を作ってくださる方をお招きし、何かできないかと思ったのがきっかけです。」とお話しいただきました。

 鈴木さんは独自のパフォーマンスをするきっかけとなった「耳を澄ますこと」の大切さについて、
「自然を師匠にして学びを始めたのが自然の音を聴くきっかけになった。東京から丹後半島に移り住み、そこで一日自然を聞くことを行った。太陽が昇る前に、いつもの席に座ると、それまで気づかなかった蚊の羽の音が耳元で「ブーン」と聞こえて、首をちくっと刺された。この体験が悟りを開くことになりました。かゆいとか、鳥のさえずりなどを人は言葉に置き換えて感じてしまう。言葉に置き換えない聴き方を考えて、木のように、ただその場所に居続けるだけでいいのではないかと思い始めた。」とお話しをしてくださいました。

©Atushi koyama

©Atushi koyama

宮北さんは今回のパフォーマンスについて、「私が踊ることで、自然や風景、建築、訪れた人が見えてくるような存在でいたいと思いました。建築に入ると空が抜けて見えたり、風、波の音を強く感じました。彫刻達が私に色んな形を与えてくれて、美術館の彫刻と対話をしながら、パフォーマンスができました。」とお話しくださいました。

今回の色鮮やかな衣装は、みかんの花の時期に開催ということで、柑橘の黄色、みかんの花の白、大三島の空と海の青をイメージして選ばれたそうです。

©Atushi koyama

©Atushi koyama

伊東さんはイベントについて、下記のように感想を述べられていました。
「彫刻が一生懸命、見て聞いているように思えた。それがとても印象的。宮北さんと彫刻が対話をされているように思った。
実はこの時間が一番眠くなる時間で、僕はコンサートでも最初は寝てしまうのですが、今回は始めから眠りの中にいて、眠りの中から呼びさまされる印象。はっと起こされるのではなく、すーっと自分が覚醒される気分だった。遠くから聞こえてくる音もあり、大地とも対話しているような音だった。コンサートや音楽を当たり前に受け入れて聞いているが、このパフォーマンスはそうではなく、人の声なのか、自然の中から音が聴こえてくるのか、その境界が存在しないような印象を受けました。」

©Atushi koyama

©Atushi koyama

最後に玉重さんから「鈴木さんの石笛は先祖伝来の楽器です。大山祇神社の宝物館に源義経の甲冑が奉納されているのですが、彼が牛若丸と言われていた時に、鈴木さんの祖先の所にいらして、牛若丸の前で石笛を吹かれたそうです。ご縁があって、大三島でご一緒できたのだと思っています。時間が超過してしまいましたが、本日は本当にありがとうございました。」とご挨拶をいただき、閉幕しました。

「浜楽」は「浜辺の近くで音を楽しんでほしい。」という意味で鈴木さんと宮北さんが名付けてくださいました。
今までに体験したことのない、新しい音やダンスの発見は豊かな自然に囲まれた大三島で感性を研ぎ澄ますことで、実感できたのではないかと思います。音とダンスと一緒にお二人の一つ一つの所作や間、あの時起こったことが全てが作品のように感じるパフォーマンスでした。

ご来場いただきました皆様、どうもありがとうございました。

展示替えに伴う臨時休館のお知らせ

2018年05月03日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

2018年6月15日(金)をもちまして、展覧会「新しいライフスタイルを大三島から考える」が終了します。
展示替えのため下記の日程で臨時休館致しますので、ご了承くださいませ。

展示替え期間:2018年6月16日(土)~6月30日(土)

新展覧会「聖地・大三島を護る=創る」は2017年7月1日(土)から開催致します。
みなさまのご来館をお待ちしています。

 

ゴールデンウィークの開館日のお知らせ

2018年04月20日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

2018年のゴールデンウィークの開館日を下記にお知らせいたします。

4月28日(土)○
4月29日(日)○
4月30日(月・祝)○
5月1日(火)×
5月2日(水)○
5月3日(木)○
5月4日(金)○
5月5日(土)○
5月6日(日)○
5月7日(月)×

大三島では5月3日(木)に300m続く藤棚が見どころの藤まつりや大山祇神社の参道に島内外のお店が出店する参道マーケットが開催されます。
伊東ミュージアムの近隣にはところミュージアムや岩田健母と子のミュージアムなど、瀬戸内海を堪能できる美術館がありますので、
ゴールデンウィークはぜひ大三島巡りをされてはいかがでしょうか!

今治建築WEB 公開のお知らせ

2018年04月12日 / お知らせ

庄子 利佳(伊東建築塾)

撮影:宮畑周平[瀬戸内編集デザイン研究所]

撮影:宮畑周平[瀬戸内編集デザイン研究所]

この度、今治市伊東豊雄建築ミュージアムが今治建築WEBにて紹介されました。

伊東豊雄が大三島で活動するわけ、今治市岩田健母と子のミュージアムの紹介、大三島みんなの家で働くスタッフや大三島みんなのワイナリーのスタッフの率直な思いも掲載されています。

今治地方観光協会のホームページからもご覧いただけます。

スティールハット、シルバーハットの美しい写真と共に紹介されていますので、是非ご覧ください。

 

年末年始の開館日のお知らせ

2017年12月08日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

今年も残すところ、あとわずかとなりました。
伊東豊雄建築ミュージアムの年末年始の開館日を下記にお知らせ致します。
○=開館、×=閉館

12月25日(月)×
12月26日(火)○
12月27日(水)×
12月28日(木)×
12月29日(金)×
12月30日(土)×
12月31日(日)×
1月1日(月)○
1月2日(火)○
1月3日(水)○
1月4日(木)×
1月5日(金)○

どうぞよろしくお願い致します。

子どもワークショップ「大三島の自然で絵をつくろう!」を開催しました。

2017年10月01日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

2017年9月18日(月・祝)に子どもワークショップ「大三島の自然で絵をつくろう!」を開催しました。
今治市内の1年生から6年生までの小学生が33名ご参加いただき、とても賑やかなワークショップとなりました。

今回は講師に「森から続く道」 副代表の小沢潤さんとランドスケープデザイナーの山崎誠子さんをお招きし、
大三島の自然観察を通して身近な環境に目を向け、自ら気づき、発見する楽しさを体験するワークショップを行いました。
そして大三島の自然を守る会の皆さんにもご協力いただき、参加者の子ども達に大三島の自然の特徴を伝えていただきました。

©吉野歩

©吉野歩

まずは大三島の自然観察会を小沢先生の案内のもと、身近な場所に生息する植物を紹介していただきました。
田んぼ近くの小路や海岸沿いに生息する植物を発見し、小沢先生と山崎先生に採取してもいい植物を聞きながら、制作作業のために、葉や花など材料を集めていきました。
海岸には流木や貝殻、シーグラスなど、珍しい材料を発見し、子どもたちの制作に対する期待が高鳴っているようでした。
子供たちからも「せんせーい!!この植物は何ですかー?」と自発的に質問も飛び出し、積極的な姿勢で取り組んでくれました。

©吉野歩

©吉野歩

植物の中には、かつて洋服の繊維として使われていたものや、着色料として使われていたものなど様々な植物と出会うことができました。
今まで気にも留めていなかった植物達は、実は人にとってとても身近なものだったことに気づかされます。
大三島の自然を守る会の方からは、草笛や笹舟など、昔ながらの遊びを教えていただき、自ら遊び道具を制作している参加者も見受けられました。

©吉野歩

©吉野歩

午後からは伊東豊雄建築ミュージアムのシルバーハットで制作をスタートしました。
材料を手に取ると、子どもたちは黙々と制作活動に没頭し始め、「何をつくろうか」、「どんな作品に仕上げようか」と悩みながらも手を動かしていきます。

1M5A5679

©吉野歩

じっくりと1つの制作物に没頭する子供や中には何パターンも組合わせて制作する子供など、各々のペースで制作物を完成させていきました。
頭の中にあるイメージを自然の材料で絵のように表現したり、モビールや立体的な作品を作成したりと様々な制作物が完成しました。
自然の中にあった植物が一つの作品としてまとめられ、生き生きとした植物がさらに際立つような作品ばかりです。

ワークショップ終了時に講師のお二人から総評をしていただき、小沢先生からは「自然の材料から、こんなに綺麗な作品ができるとは驚いた。観察を通して、身近な植物たちに興味をもってほしいです。」というコメントをいただき、
山崎先生からは「植物は生きものなので、この瞬間でしか創ることができません。みんなが作った作品はまさに今日の思い出が詰まった作品になりました。季節によって全く違う植物が咲いているので、これからもたくさん観察をして、自然に興味を持ってください。」というコメントをいただきました。

完成した作品を見ても参加者は素材となる植物の特徴を捉えて、自然のありのままの姿を残しながら自分が思い描くイメージに近づけているようでした。
風に揺らめくモビールでは、ツル植物のように紐と似ている素材を用いたり、色鮮やかな桜貝を花にみたてたり、どの作品も自然が主役となっていました。

©吉野歩

©吉野歩

©吉野歩

©吉野歩

今回のワークショップでは、自然に触れることで、子供たちが生き生きとした表情を見せてくれて、大三島の自然の豊かさを再認識することができました。

ご参加いただいた皆さま、ご協力いただいた自然を守る会の皆さん、そして講師を務めていただいた小沢先生、山崎先生どうもありがとうございました。

©吉野歩

©吉野歩

 

 

台風18号に伴う臨時休館のお知らせ

2017年09月17日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

台風18号が西日本へ接近し、暴風警報、大雨警報が今治市に発令されたため、2017年9月17日(日)は臨時休館をいたします。
ご来館を予定されていた皆様にはご迷惑をお掛けすることになり、誠に申し訳ございません。
何卒、どうぞよろしくお願い致します。

 

愛媛国体 自転車競技大会に伴う臨時休館について

2017年08月17日 / お知らせ

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

10月5日(木)に愛媛国体 自転車競技大会が大三島で開催されます。

大会当日は島内に交通規制が掛かり、ミュージアムまでのアクセスが不便になるため、誠に勝手ながら、臨時休館と致します。

来館を予定されていたお客様には、ご迷惑をお掛け致しますことを深くお詫び申し上げます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

くまもとアートポリス建築展2017 東京シンポジウム「みんなの家、その先へ」

2017年08月09日 / お知らせ

古川きくみ(伊東建築塾)

このたび、伊東豊雄がコミッショナーを務める「くまもとアートポリス」建築展2017のプレイベントとして、東京シンポジウムを開催する運びとなりました。ご興味がございましたら、是非ご来場いただければ幸いです。

くまもとアートポリス建築展2017 東京シンポジウム
「みんなの家、その先へ」

「みんなの家」は東日本大震災(2011)や熊本阿蘇地方での土砂災害(2012)、熊本地震(2016)後に、家を失った人々が集い、暖を取り、飲み、食べ、語り合える場を提供するためにつくられたささやかな場所です。2017年7月までに東北では16棟、熊本では87棟余りが完成し、なおつくられ続けています。
「みんなの家」は小さなコミュニティを回復する場として、被災地以外の地域においても広がりを見せ始めています。さらに熊本では仮設住宅の次のステップとしてアートポリス主導による災害復興公営住宅の計画も進行しています。
このシンポジウムでは、「みんなの家」がどのような役割を果たしてきたのかを検証するとともに、いかにして「みんなの家」や災害復興公営住宅がこれからの暮らしのモデルとなりうるのかを皆さんと話し合いたいと考えています。

開催概要
日時: 9月2日(土)14:00〜17:00 (開場13:30〜)
会場: 寺田倉庫 G3-6F(東京都品川区東品川2-6-10 6階)
出演者:伊東豊雄、山本理顕、妹島和世、アストリッド・クライン、桂英昭、末廣香織、曽我部昌史、平田晃久、大西麻貴、近藤哲雄、原田展幸、山室昌敬、甲斐健一、工藤和美、内田文雄、岡野道子

申込方法:当日先着順
定員: 300名
入場料: 無料

主催: 熊本県・くまもとアートポリス建築展2017実行委員会 + NPO法人
HOME-FOR-ALL
お問合せ先:伊東豊雄建築設計事務所(担当:木下)
tel. 03-3409-5822(平日10:00-18:00)

《チラシのPDFデータはこちらからダウンロードしていただけます》
くまもとアートポリス建築展2017東京シンポジウム

トークイベント「車座しまなみトーク!」が開催されました。

2017年07月02日 / 今日のTIMA

山田安紀(伊東豊雄建築ミュージアム)

7月1日(土)より展覧会「新しいライフスタイルを大三島から考える」の会期がスタートし、
会期開始に合わせて大三島ふるさと憩の家でトークイベント「車座しまなみトーク!」が開催されました。
今回も多くの島内外の方々にご参加いただき、誠にありがとうございました。

©青木勝洋

©青木勝洋

2015年より始めた「車座しまなみトーク!」は、会を重ねるごとに、対話が多くなり、交流を深める貴重な機会となりました。
島民の方からも積極的な意見交換がされ、少しづつ大三島でのプロジェクトが進行しています。
以前は提案が多かったプロジェクトは、今年度に入り、大きく動きだしたプロジェクトがいくつかあったので、
今回の「車座しまなみトーク!」では、現在、伊東建築塾が大三島で取組んでいる11のプロジェクトのうち、進行している7つのプロジェクトが発表されました。

CU1A0019

<発表内容>
①みんなの家を一日一度は寄ってみたい場所にします
②「物々交換」によって都会と島の記憶を交換します
③参道を花と光で夢の道に変えます
④「さざなみ園」を気軽に立ち寄れるやさしい場所にします
⑤2020年瀬戸内初のワインで乾杯します
⑥島の食材、島のワインで島の人の誕生日を祝う「オーベルジュ」をつくります
⑦海辺の小学校をロマンティックなホテルに変えます

©青木勝洋

©青木勝洋

©青木勝洋

後半は建築家の伊東豊雄さんをはじめ、建築家の曽我部昌史さん、柳沢潤さん、家具デザイナーの藤江和子さん、藤森泰司さん、そして構造エンジニアの金田充弘さんと豪華な方々にご参加いただきました。

藤森泰司さんは「みんなの家の家具を分校生と作るワークショップから関わることになった。高校生は自分たちでつくったものが身近な場所で使われ、残っていくことがデザインをつくるということを知ってもらえたら嬉しいです。今、もう一度自分の居場所を考えることが伊東塾の試みなのではないだろうかと思っています。」
金田充弘さんは「活動をしていると「こういう風になっていたら成功だ」と考えがちだが、プロセス自体が成功なのではないかと思います。」
曽我部昌史さんは「続けてきたプロジェクトが進んで行く中で、いくつかのプロジェクトがシンクロや関わり合うことで、より強度のある次のプロジェクトに発展していくのではないかと思った。」などプロジェクトに対するコメントをいただきました。

「車座しまなみトーク!」で発表された内容は、幣館の展覧会「新しいライフスタイルを大三島から考える」でも展示しております。
多くの方々にご覧いただけますと幸いです!